· 

第3回 みんなでボッチャ

9月16日、清々しい秋空の下で第3回「みんなでボッチャ」ボッチャ教室が開催されました。今日は、ボッチャパラリンピック(北京大会)の日本代表海沼理佐選手をお迎えし、ご指導いただきました。

海沼選手のお話し:まずはボッチャを楽しんでください。そして毎回、無理のない目標ー例えば「ボールを投げる前に深呼吸をする」とか「目標のボールを見る」ーを立て、それでプレイに成果が表れると嬉しいですよね。それが次につながると思います。

「世田谷区スポーツ推進委員会」からも見学の方がお見えになり、ボッチャ教室を通してソラマのネットワークが広がりだしました。

Y君は外出が大好き。ボッチャ教室のある日は朝から楽しくてワクワクしているそうです。笑顔の絶えないY君、上達が早いですね。

古賀先生(ユニバーサルボッチャ連盟理事長)が各プレイヤーに合った指導をしてくださいます。Hさんは横から投げたほうが良いとのことでした。

海沼選手「お手伝いができれば,,,」と各プレイヤーに向けて温かい声援を送ってくださいました。ありがとうございました


今日のウオーミングアップは、古賀先生が考案されたポリバットピンポンです。健常者も含め10人ほどが一緒にプレイできるので、大いに盛り上がりました。

ポリバットピンポンのバットはペットボトルに柄をつけたものです。初心者には四角いペットボトルが良いようです(写真参照)。テーブルと平行にバットを移動させればいいからです。慣れてきたら、円柱状のペットボトルを使ってみましょう。一方、観戦者はバットの中に鈴などを入れて、にぎやかに応援もできます。